『スクール・MORE・テラピ』は、神戸・大阪・東京・京都・浜松・名古屋・松山・福岡・沖縄・仙台・札幌を拠点に、フランス式耳介療法を活用した耳つぼジュエリーの施術を行う耳介療法士『オリキュロセラピスト』資格取得者を養成するスクールを運営しております。
本物の技術と知識に裏付けされた耳つぼジュエリーセラピストを数多く輩出し、開業・独立・稼げるサロン経営支援を行っている全国でも稀なスクールです。
運営:(一社)ジャパンセラピスト検定機構

ブログ

最新のお知らせ


2020年10月20日 : 肺のツボ




肺のツボは、心臓のツボの上下に位置します。

どちらが右側とかは関係なく、2つのツボがあります。



肺のツボの効果
肺の働きを改善・基礎代謝の向上・ドライアイの改善


肺のツボは、代謝を上げて眼房水の入れ替えを促進させる働きがあります。

ドライアイの方は、目・眼のツボと肺のツボの両方を刺激してください。



インスタグラムで耳つぼの解説を毎日配信しています

ご興味がございましたら、ぜひフォローの方よろしくお願い致します

インスタグラム 耳つぼラボ



2020年10月15日 : 心臓のツボ



心臓のツボは、耳のくぼみのちょうど真ん中にあります。



ここを押して痛い人は、心臓が悪いというわけではありませんよ

ストレスを抱えているのではないでしょうか?

ストレスの緩和や不安症、うつ病などのときに使用するツボです。



神門のツボも精神を安定させる効果がありますが、

神門のツボは「イライラ」、心臓のツボは「くよくよ」

という風に使い分けています。



気分が沈んでしまう時などに、優しくマッサージしてみてください



インスタグラムで毎日 耳つぼ解説を更新中です

ご興味がございましたら、是非フォローの方よろしくお願いします

インスタグラム 耳つぼラボ






2020年10月6日 : 「耳つぼラボ」始めました




インスタグラムで、簡単に耳つぼの解説をしています


投稿数はまだまだ少ないのですが、

毎日更新していきますので 是非フォローの方よろしくお願い致します


インスタグラム 耳つぼラボ






2020年9月29日 : 目のつぼ




目のつぼといえば、耳たぶにあるつぼが一般的に知られていますが、

実は3箇所にあります。



厳密にいえば、耳たぶにあるのが眼のつぼ

耳穴下部のふち2箇所にあるのが目のつぼとされています。


一般的な目の疲れに使用するのが、眼のつぼ。

目のつぼは、もっとひどい眼精疲労やドライアイなどの時に使用します。


眼のまわりには頬・額・フェイスラインのつぼもありますので、

リフトアップ効果も期待できます


試しに、鏡を見ながら片方の耳たぶだけを軽く30秒ほど揉んでみてください。

耳をマッサージした方の半顔が、キュッと引き締まるのが確認できると思います。


フェイスラインがすっきりする、ほうれい線が薄くなる、頬の幅が小さくなる、

目尻が引きあがる、顔色が明るくなる、などなど。

効果は人それぞれです


その状態を維持するために、耳つぼシールを貼ります。

貼っている間は常に微弱電流でつぼを刺激しますので、効果が持続します

痛くない耳つぼシール 美アップシール

美アップシールはジュエリーなしタイプもございます。








2020年9月22日 : つらい生理痛・月経前症候群に




生理痛月経前症候群でお悩みの方は多いかと思います。

私の娘もかつては月経前症候群で、生理前は決まって気分が沈み、何もする気が起きないけれど

自分ではどうしようもできないということで、漢方薬を毎日飲んでいました。



それが、私が耳つぼ施術をしてあげられるようになってからは

嘘のように月経前症候群の症状が治まりました

娘が漢方薬を辞めて、半年間ぐらいは生理の1週間ぐらい前に耳つぼ施術をするようにしていました。

施術といっても10分足らずで終わる作業です。

耳ツボを刺激し、あとは効果が持続するように耳つぼシールを貼るだけ。

続けるうちに、耳つぼ施術をしなくても 症状が全く出なくなり

今では毎月普通に過ごせています



お客様のお子さんで中学生の女の子がいました。

その子は毎月必ず学校を休むほど生理痛がひどい とのことでした。

耳つぼの効果は人それぞれなので、ダメもとで耳つぼ施術をしたところ

その月は生理痛が全くなく、学校にも休まずに行けたとビックリしていました。

その後すぐに、お母様が自分でしてあげられるようにと講習を受けてくださったほどです。



生理痛や月経前症候群に使用するツボを簡単に紹介しますので

是非参考にしてみてください



●は外側、▲は内側を表しています。

神門: 痛みやイライラを和らげます。

子宮: 月経前症候群・月経障害に使用します。

内分泌: 内分泌ホルモンのバランスをとります。

心臓: 四肢の血液循環を改善します。不安症にも使用します。


ご質問等がございましたら、遠慮なくお問い合わせください